外国の人のような鼻筋に|しみが気になってきた…そのしみ治療してみませんか?

外国の人のような鼻筋に

コップの中の花

顔の整形手術の中でも、人気が高いのが鼻筋を高くする手術です。手術なのでダウンタイムは一週間から二週間ほどありますが、ヒアルロン酸などを注射するプチ整形と異なり、高く整った鼻筋は半永久的に維持されます。ダウンタイムさえ気にならなければ、再注入しなくてもいい手術の方が楽かもしれません。鼻用のプロテーゼは、鼻の穴の中を切開して挿入するので、傷跡は分かりません。鼻プロテーゼは、まっすぐになっているI型の他、L型などがあります。L型は鼻先まで高くしたい場合や、鼻が大きく見えてしまう団子鼻の治療に効果的ですが、その分不自然な仕上がりになりやすく、プロテーゼが飛び出す恐れもあります。ずっときれいな鼻筋を維持したいなら、他の形がいいですね。

鼻の形や高さは個人差があるので、患者さんのイメージする理想的な鼻の形を現実のものにするには、プロテーゼの形を使い分けるだけではなく、患者さんの鼻に合わせてオーダーメイドで加工する必要があります。それぞれの患者さんに合わせたプロテーゼを用意することで、整形らしさを感じさせない鼻に出来るのです。I型プロテーゼは、まっすぐの直線のような形をしているので、その分鼻先を整えることはできません。しかし、その分鼻先にダメージがなく、長期間挿入していても問題が起こりにくくなっています。鼻の整形をする時にはI型か、L型を加工して負担を軽減してあるバード型のプロテーゼを推奨している美容外科で手術を受けるようにしましょう。